こうすればキレイ、簡単!子供の集合写真ラクラク整理術

いろいろサイズがあって一つに絞れない

入学式に遠足、運動会・・・小学校にあがると、子供がもらってくる写真は様々です。イベントの度、学年が上がるごとに増えていくものです。普通の写真だと89mm×127mmのLサイズが一般的です。他に、はがきサイズ、集合写真に多いKGサイズ、スクール用のサイズも様々です。少し大きめの写真やパノラマサイズだと、額縁がないことも。普通のアルバムや額縁に入らない大きな写真、どうやっておさめ、整理していくのがいいのでしょう?

一番手っ取り早いのは台紙に貼るタイプ

数あるアルバムの中で、一番のおすすめは台紙に貼るタイプです。ある程度の大きさのある台紙サイズなら、細かい違いを気にすることなくどんどん貼るだけ。日付、コメント、イベント名なども入れられます。シールや書き込みを工夫して、デザインやレイアウトを楽しむこともできるでしょう。台紙の色が変われば、印象もガラリと変わります。シックな黒、ナチュラルなクラフト紙、色の映える白のほか、子供の好きな色の色画用紙を使って手作りしてもOK。長く保管できるのは表紙がしっかりしたハードカバータイプ。リフィルを追加していくバインダータイプなら、ページ数も自在です。文房具店やカメラ屋のほか、インターネットで買うこともできます。ページ数によりますが、平均価格は1,000円未満とお手頃です。

集合写真専用のアルバムを使うのも手

インターネットで検索してみると、写真専門店以外でも集合写真専用のアルバムも売っています。シンプルな表紙から、中身も可愛らしいイラストや凝ったデザインのタイプもあります。A4サイズなら、ほぼすべてのサイズの集合写真をカバーできるでしょう。ハサミやのりを使わなくてもスクラップブックのように飾れる、デコレーショングッズがセットになったアルバムも使いやすく人気です。100円ショップにあるアルバムも、手持ちのシールやペン、マスキングテープでデコるだけで、ひと味違った手作りアルバムに変身できます。

学校写真は携帯電話から簡単に申し込めるのでとても助かります。自宅のパソコンからでも申し込むことができるのでアイテムをすぐに取り寄せることができます。