これからの時代のスタンダード?節約重視の結婚式とは

若い人にはお金がない!

結婚式というと、親戚や友人を多数呼んで、大きな会場で派手な披露宴をするというイメージを持っている方は多いはずです。ところが、先行き不安な時代を反映してなのか、いつまでたっても給料が上がらないので若者にお金がないからなのか、昨今では、結婚式はするものの、節約を重視した小規模・地味な式を行うというケースが増えてきているようです。また、場合によっては、結婚式自体もせず、入籍のみで済ませてしまうというカップルも少なくないようです。

節約にもいろいろなケースが?

結婚式を節約してするといった場合、どういった方法があるのでしょうか。まずは、結婚式自体の費用を抑えるという方法です。結婚式には、チャペル式、神前式などがありますが、その方式によってかなり値段が抑えられる場合があります。一般的には神前式の方が安いようです。また、披露宴についても様々な方法で節約が可能です。まず、披露宴については、会場でのオプションを付ければ付けるほど当然その費用が高くなるため、そのオプションを最小限のものにしてしまうという方法があります。また、披露宴について、食事会形式で済ませてしまうという方法によっても、かなり費用を節約することができます。

二人の意向に沿ったものであることが一番!

最近の傾向として、節約を重視して結婚式が行われるということはわかりました。しかしながら、それはあくまで結婚する二人の意向に沿ったものであることが最重要です。一方が納得していないのに、節約を最優先で進めてしまえば、わだかまりが残り、その後の結婚生活が破局に向かってしまいかねません。結婚する二人で、何が本当に必要でどれがそうでないのかをしっかりと話し合い、本当に必要だと思うものについては多少費用がかかっても残すという方法をとることが、その後の幸せな結婚生活につながるといってよいでしょう。

昨今の結婚式はオリジナル婚や少人数婚等、形にはまらない式があり、また席札等を手作りしたり会場の早期予約割引等もあります。ですから自由に結婚式のスタイルを決めながら、結婚式を節約する事が可能なのです。